通信講座 実技試験について

アプリケアカレッジ通信コース、実技試験の撮影方法


アプリケアカレッジの通信教育コース 実技試験も自宅で受けられます

アプリケアカレッジの通信講座の実技試験はメディア試験となります。
試験課題(初めて教室に来られたお客様へのレッスン)を実施、その様子を動画撮影しDVDやSDカードなどのメディアに保存して頂き、郵送にてご提出頂きます。


資格試験受験について


どなたかにお客様としてご参加頂き、レッスンを行っている様子を撮影していただいても、 目の前にお客様がいらっしゃると想定して、お一人でレッスンを行っている様子を撮影して頂いても、どちらでも構いません。

資格試験実施方法


実技試験撮影機器


ハンディカム・スマートフォン・携帯電話等、動画の撮影が出来る機器であれば種類は 撮影機器は問いません。(レンタルはございませんのでご準備下さい) 撮影時は、どなたかに撮影して頂いても、三脚等で固定して撮影して頂いてもどちらでも構いません。

資格試験実施方法


資格試験保存メディア


実技動画はPCで再生できる形式・メディアに保存の上、ご提出ください。

資格試験実施方法


カット割り撮影


携帯電話やスマートフォンを使用した際など、長時間の撮影が出来ない場合は、分割して撮影して頂くことが可能です。カット割り撮影をする際、分割位置の指定は有りませんのでご自身で分割位置を決めて撮影してください。

カット割り

※カット割り撮影を行う際の注意事項
実技試験は教室の流れを想定して行うものですので、順番を入れ替えて撮影したり、一部分だけを後から撮影し直すという事は出来ません。

あくまでも1回の教室の流れを行う中で「撮影・停止」を繰り返して分割を行うもので、日を分けての撮影や、途中まで撮影し休憩や他の用事を済ませた後に再度撮影を再開するという事は出来ません。(不合格となります。)

カット割り


実技試験撮影注意事項


撮影時は、実技試験課題内容を漏れの無い様、行ってください。また、必ず試験実施者の表情や身体全体が見える様に撮影してください。


資格試験 動画OK例

資格試験 動画NG例

資格試験 動画NG例
 
資格試験 動画NG例

NG例に当てはまる場合や、採点後認定基準を満たしていないと判断した場合は、再提出をお願いしております。